七色の空に架かる橋

kaoriの日常&笑顔のもと

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
朝日新聞の番組解説に『キュー』っていうのがある。
毎回ほとんど辛口。

なのに今日は最後に
「洒落た部屋も服も食べ物も出て来ないけれど、
心が晴れる作品だ」

珍しく褒めてる!!
その作品は

『下北サンデーズ』

朝から気分良かったっす(⌒~⌒)ニンマリ

全文は↓に
いろんな本を貸してくれ、恋愛や友情や思想というものを教えてくれた、二つ年上の従姉妹がいる。
大学を卒業した彼女は「私、松井須磨子になる」と宣言して、
親に勘当されながら東京の劇団に入った。
私は時折上京して、彼女のもとを訪れた。
山のように豚まんを買って劇団に差し入れると、
あっという間になくなる。
従姉妹のアパートは台形の形をした3畳間で、床が傾いていた。
彼女の作ってくれた卵だけのオムレツを食べて、15分歩いて銭湯に行った。
食べるためにバイトをし、それでもお財布は空っぽなのに、
将来が全く見えないのに、従姉妹は生き生きとしていた。

「下北サンデーズ」(テレビ朝日系)を見ているとうんと昔のその頃を思い出して切なくなる。
東京は小劇場のメッカと呼ばれる下北沢。
そこを根城にする下北サンデーズという弱小劇団を舞台に繰り広げられる物語。
役者たちが、実にビンボーなのだ。
どれくらいビンボーかというと、部屋にキノコが生えるくらい。
ラーメン代すら出せなくて、店主の情けで”替え玉”だけを食べてしのいだりする。飲み会は100円以下のつまみがそろう居酒屋。服装はもちろんジャージー。
けれど、そんなビンボーもなんのその、芝居という夢があるのさという役者たちの姿が軽快に活写されている。クサい言い方だけれど、まさに青春だわと羨ましい。
主役の里中ゆいかを上戸彩が演じていて、実に可愛い。
「金八先生」以来、はじめて魅力的だと思ったほどのハマリ役。
洒落た部屋も服も食べ物も出て来ないけれど、心が晴れる作品だ。
スポンサーサイト
    posted at 18:00 | 笑顔のもと@フミヤ編 | CM(2)

この記事に対するコメント


いいねいいね~!
でもホントあの彩ちゃん最高だと思う
ひいきめなしでいい作品だわ~
最後はどんなふうになるのか今から楽しみ
終わってほしくないけどねぇ
【2006/08/23 23:47】 URL | みーみー #- [ 編集 ]


>みーみさんへ

うんうん
このライターさんと同じで金八先生以来のいい役だと思う。

最後ねぇ
フミィがどうなるのかが気になる。
最後まであの格好なんだろうか。。。(・・;)
【2006/08/25 13:44】 URL | kaori #onVA9wqc [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

kaori

  • Author:kaori

オトフレーム

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。